☆大学生Skype討論会リュミエール第14回開催☆

11/19(土)21:30〜 ※終了後は交流会も!
参加ご希望の方は こちら まで!

  • 2012.01.20 Friday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • - -
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    第2回 討論会の様子!
    0
       こんにちは!ゆりです★

      遅くなりましたが、第2回討論会の様子を書こうと思います♪

      今回のテーマは
      自殺はなぜいけないのか
      (1・2年生が多かったため、比較的討論しやすいテーマにしました)

      参加者はKくん、Nくん、Tくん、Hくん、ももちゃん、私の6人でした。

      以下は討論会の様子です★(一部抜粋)

      Q.そもそも自殺はいけないの?

      H:自殺はいけないことではない。ものを壊すときは罪悪感はないのに、人間はダメみたいな固定観念がある気がする。あと、個々の理由があるのに、ひとくくりにするのはどうなのかな?。

      K:いけないことだとは思うけど、個人の自由ではある。だけど、周りの人に迷惑がかかるよね。悲しませちゃったり。だからある程度の規制は必要なのでは?周りに自殺した人がいないからわからないが、その勇気を認めることも大事だと思う。だから自殺の自由は認めるべき

      :自殺したい人はすればいいと思う。逆に、死ぬ勇気があればなんでもできるんじゃないかな?

      :自殺はいけないと思う。だって世界に目を向けたら、生きたくても生きれない人がいるのに自分の意思で命を断つのはどうなの?

      :それはきれいごとでは?自殺するような心境はその立場にならないとわからないし、その周りの人のフォローが大事だと思う。


      Q.じゃあ、自殺を食い止めるには?

      :自殺をする人はサインを出しているから、それを気付いてあげることが大事だと思う。ケアが大事。

      :見た目でわからないー親しい人でないとわからないのではないのか?だから、小さいことでも気づけるコミュニティが必要。周りの人がどう接していくかが重要。

      菊池くんの意見に賛成。自殺したいと思わせないようにし、 定期的にコミュニケーションを取ることが大事。

      :おもしろいものが増えればいいと思う!死ぬなんて考えさせないくらいおもしろいものがあればいい


      Q.この前ニュースになった小6女子の自殺について

      :このニュースについて、自分の子供が死んだら悲しい。子供が産まれたら大好きになるし、そんなことされたら自分を責めると思う

      :小学生ってまだ気遣いができない子が多いし、悪気なく気にしないで言っている。だから大人が介入して、予測できそうな出来事は防げると思う。もっと話を聞いてあげればよかったのに。

      :防げたのではないかと思う。自分がクラスメイトであれば、その子たちに直接言えなくても、親に言ったりできるよね。で、親伝いで防ぐことも可能だと思う。 伝えることがやはり重要であり、からかっているつもりでも、いじめかどうかは本人達は気付かないのではないか?

      :そういう子はサインがでやすいのでは?いかに大人が気付いてあげるかが重要たと思う。親が気付いてあげることが重要。



      今回は自殺についてということで、少々イメージしづらいところはあったみたいだけど、みんな一生懸命考えてくれました!
      また、自殺について、小学生や中学生が考える機会・討論する機会もなかなかないという意見もでました。(確かに!!)


      今回の討論も有意義なものになったと思います♪
      今回の参加者はまた次回も是非参加してくださいね★☆

      • 2012.01.20 Friday
      • 19:52
      • スポンサードリンク
      • -
      • -
      • -
      • - -
      スポンサーサイト
      0
        Comment:
        Add a comment:









        Trackback:
        http://yumorimo.jugem.jp/trackback/22
        PROFILE
        Twitter ブログパーツ
        ENTRY(latest 5)
        ARCHIVES
        CATEGORY
        PR
        MOBILE
        qrcode

        (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.