☆大学生Skype討論会リュミエール第14回開催☆

11/19(土)21:30〜 ※終了後は交流会も!
参加ご希望の方は こちら まで!

<<new | 2 / 8pages | old>>
  • 2012.01.20 Friday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • - -
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    リュミエール、復活
    0
      リュミエール運営委員会のしゅんです。
      ご無沙汰しております!

      3月より活動休止しておりました「大学生Skype討論会リュミエール」ですが、

      この夏、いよいよ活動を再開します!!!

      ますますパワーアップするリュミエールにぜひご期待ください!

      【日時】
      2011.7.14(木) 21:30〜

      【参加条件】
      自宅にインターネット環境があり、Skypeで通話のできるかた。
      全国どこの大学生でも参加OKです。
      *Skypeは誰でも無料で登録できます。マイク&ヘッドセットの用意をしてください。
      *回線が不安定なため、スマートフォンをお持ちの方もパソコンからの参加を推奨します。
      *なお、定員は15名です。

      【討論テーマ】
      討論テーマは討論会開始時に発表されます。
      参考までに、これまでの討論会テーマは以下の通りです。
      1.時計は何の為にあるのか
      2.自殺はなぜ行けないのか
      3.ゆとり教育と学力低下防止を両立させるためには
      4.死刑制度の是非
      5.リーダーにふさわしい人物像とは
      6.シルバーシートの必要性について
      7.地域活性化をするためには
      8.会社も社員も納得できる評価制度とは
      9.理想の小学校をつくるためには

      【参加方法】
      参加のお申し込みは、下記フォームからお願いいたします。 
      https://ssl.form-mailer.jp/fms/5d16dc8e125876

      みなさんのふるってのご参加、お待ちしております!!!
      告知:これからのリュミエール
      0
         こんばんわ、キューです。
        最近花粉飛んできましたけど、皆さん大丈夫ですか?
        キューは「鼻が赤い、なう」です。これからの花粉に注意してください。
        あ〜鼻血でてきたわ…

        さてさて、リュミエールのブログ係として、キューとka/inと若様の3人で、

        リュミエールのブログを活発にしていこうと思います。




        ボクらにとってのリュミエールについてや、
        ボクらの日常について(これどうでもええんちゃうかなぁw
        あと、参加してくれた人の声を載せていこうと思います。



        週に3回ペースの更新ですが、
        どんな人が運営してるんだろ?
        どんな人が参加してくれてるんだろ?

        そんな興味を持って、リュミエールに足を運んでくれると、
        キューは嬉しいです。



        是非読んでみて下さい!


        ではでは〜 ノシ   キューより


        第8回リュミエール報告
        0
           

          こんにちは♪自称:みんなのお話聴き屋さんのキューです。

           

           

          さて、23日の第8Skype討論会のお題は「会社も社員も納得できる評価制度とは」を、キューが進行役を務めさせていただきました。

           

          討論時間…40分(30分+10分延長)

           

          早稲田大学2年(女性)

          東京情報大学2年(男性)

          同志社大学4年(男性)

          愛知工業大学4年(男性)

          同志社女子大学3年(女性)

          名古屋市立大学1年(女性)

          島根大学2年(男性)

          早稲田大学3年(男性)

          日本大学3年(男性)

          +++++++++++++++++++++++++++++++++

           

          まず、与えられたテーマである「会社も社員も納得できる評価制度とは」についてで、

          これが実現できるかできないかをグループ内で分けて、論じた。

          実現できる4人と実現できない人3人だった。(2人は途中参加)

          以下にそれぞれの意見を並べてみる。

           

          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

          実現できないと考える人の意見

           

          ・会社は人件費を下げたいが社員は給料をあげたい

          ・労働契約における基本給は「社員の働きはこれくらいだろう」という見込み。

          ・社員の労働と等価のお金を交換するのは出来ない。


          ここから不均衡な部分が生じるのだから、出来ない中でそれに近い考えを結び付けるべきだと言う事。

          ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

          実現できる人の意見

           

          ・給料に絞られるものじゃない

          ・社員の勤務態度の中でも給料じゃ現わせないものもある

          ・評価は昇進も挙げられる

          ・お互いが励ましあうことなどの意識向上も評価の一つではないか?

          ・お金だけでの評価は見合わなが、結果に結び付かない努力でも社内では認められたりなどもある。 理論的ではないが評価されるとも捉えられる。

          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

           

          現場の環境作りが評価制度に結び付くのではないか?という意見から、

          評価することに焦点が当てていき、

          「結果につながらない努力」を人事だけで評価するのは難しいことから、

          上司だけが評価するのではなく社員同士もお互いを評価する案がでた。

          また、ビジネスは顧客がいる事で成り立つ事から、顧客に対する社員の接客態度によっても評価を与えるようにする案が出た。

           

          これらから、

          社員同士の横の評価を絶対評価として、第三者機関の評価を加えた上での上から下の評価を点数化させた総合的な評価システムを構築することにまとまりました。

           

          ある参加者の感想(一部抜粋)

           顔の見えない相手のskypeを通して、話し合うということに最初は抵抗がありました。しかし、皆さんが場を盛り上げてくださり、自分も、自分なりに議論に参加できたかなと思います。こういった議論する機会がないので、短い時間でしたが、自分を見つめなおす機会ができて感謝しています。



          交流会はというと

          アキネーターというゲームで、ランプの魔人がプレーヤーの頭に描いた人を当てちゃうゲームをして盛り上がりました。

          皆の鬼畜過ぎる人物に、ランプの魔人は手も足も出ませんでした。(足は無いけど…)

          〜+〜+〜+〜+〜+〜+〜+〜+〜+〜+〜+〜+〜+〜+〜+〜+〜

          今回のテーマは大手コンサルタント会社が実際に行ったテーマでもあり、

          興味を持って取り組んでくれた方も多かったと思いました。

          資本主義の社会の中で、「お金以外で評価する」というのはとても難しい事ですよね。


          ましては与えられた仕事をこなす事が給料へと変換していくわけですから。

          その仕事が合わなかったり楽しくないとモチベーションは下がってしまいますし。


          実際の会社ではどうなっているのでしょうか?そこを少し聴いてみたいなとも思っているキューです。



          今回参加してくれた皆さん、テスト期間中の忙しい間の参加、ありがとうございました。


          =A=A=A=A=A=A=A=A=A=A=A=A=A=A=

          おまけ

          就職活動をするみんなへ

          どうも、最後まで読んでくれてありがとうございました。

          キュー含めてリュミエールの運営陣も就職活動を頑張っていて、参加してくれている方も就活生はとても多いです。

          もう内定決まった方も、まだ決まってない方も、私のように色々な職種を探しながら就職活動を行っている方もいる中で、一冊の本を紹介します。

          喜多川泰さんの「手紙屋〜僕の就職活動を変えた10通の手紙〜」という本です。

          就職活動に乗り遅れた大学4年生の主人公が、変わった喫茶店にあった手紙屋のチラシと出会い、手紙屋との10通の手紙を通じて変わっていくお話です。


          この本を読んで、キューの仕事や社会に対する考え方が変わりました。

          あなたにとって、就職活動は何ですか?

          そこに入って、終わりですか?


          「あなたの本当に大切な事は何ですか?」


          本当に大切なものを見つけるキッカケになる本じゃないかな、と思うのでお勧めします。


          長くなりましたが、キューでした。


          P.S

          最近スマートフォン買ったので、Twitterやりまくってます。

          よろしければフォーローしてやってください。@redsnufkin

          第9回 開催のご案内
          0

             はじめまして、運営委員会のかりんです。


            まだ寒いですが、 みなさん大学生はもう春休みになりましたよね! そのような
            比較的 時間の取れるこの時期に、リュミエール第9回開催のご案内です!!



            Skypeで全国の大学生とディスカッション
            その後は、交流会でイロイロと語り合おう


             


            大学生Skype討論会リュミエール



            第9回Skype討論会

            【日時】
            2011年2月19日(土) 21:30〜 



            【参加条件】
            自宅にインターネット環境があり、Skypeで通話のできるかた。
            全国どこの大学生でも参加OKです。
            *Skypeは誰でも無料で登録できます。マイク&ヘッドセットの用意をしてください。
            *回線が不安定なため、スマートフォンをお持ちの方もパソコンからの参加を推奨します。 



            【討論テーマ】
            討論テーマは討論会開始時に発表されます。 


            ご参考までに、これまでの討論会テーマは以下の通りです。 


            1.時計は何の為にあるのか
            2.自殺はなぜ行けないのか
            3.ゆとり教育と学力低下防止を両立させるためには
            4.死刑制度の是非
            5.リーダーにふさわしい人物像とは
            6.シルバーシートの必要性について
            7.地域活性化をするためには
            8.会社も社員も納得できる評価制度とは



             【参加方法】
            参加のお申し込みは、下記フォームからお願いいたします。 



            https://ssl.form-mailer.jp/fms/5d16dc8e125876


             



            みなさんのご参加、お待ちしております!



            大学生Skype討論会リュミエール
            mail : lumiere.ac@gmail.com
            twitter : @lumiere.ac



             

            第7回リュミエールご報告
            0
              こんばんは。運営セクションのしゅんです。
              毎日寒いですね。
              こちら岐阜では今日も大雪となりました。

              さて、遅くなりましたが、1月22日開催の第7回リュミエールのご報告をさせていただきます。
              なお、討論は1グループで、進行役は僕・しゅんが務めさせていただきました。

              ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
              討論テーマ:「地域活性化をするためには?」
              討論時間:45分
              参加者:
              北海道教育大学4年(女性)
              名古屋市立大学1年(女性)
              同志社大学4年(男性)
              南山大学3年(男性)
              駒澤大学3年(男性)
              早稲田大学3年(男性)
              東海学院大学2年(男性)
              ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

              [まとめ]

              まず、「地域活性化のための方法」について参加者全員で3分間のブレストを行いました。
              挙がった意見は以下のようなものです。

              ・地域名物品みたいなのを紹介できる場をつくる
              ・ゆるキャラ
              ・お祭り
              ・産学地域連携
              ・地域住民が地域の魅力を再発見
              ・若者の都会流出を防ぐために、有名大学を誘致する
              ・地場産業
              ・行政と地元企業の連携
              ・メディアを使ったコミュニティづくり
              ・人と人とのつながり
              ・単純に、住んでる人が、誇りが持てるようにすればいい

              3分間で上がった意見をもとに、意見を出した参加者でプランの軽い説明を紹介しあいました。
              それを踏まえて、じゃあ「中からの活性化」と「外部から取り入れていく」手法、どちらが重要か多数決をとりました。

              結果は、
              「中からの活性化」=5票
              「外部から取り入れていく」=2票

              でしたが、「外部から取り入れていく」ことで「中からの活性化」につながるんじゃないか、という意見に対して賛同の声が多数ありました。

              地図製作会社「ZENRIN」の「Actiz」という事業(参考)や全国各地に存在する「美少女図鑑」を取り上げたり、ひとつのアイデアとして「よそ者と若者、馬鹿者」というフレーズを紹介するなど、当初の予定時間を15分オーバーするほど白熱した議論のまとめは以下になります。


              地域を好きになるためには…
              雪まつりやラーメン、美少女図鑑のように「自分の地域を誇れる」ようになって好きになるものと、
              「地域の人の顔が見れるコミュニティ」のように人や地域そのものを好きになることが重要!!



              僕は京都の南部にある普通の住宅街の出身で、正直地元はあんまり好きじゃなかったのですが、先日成人式で同窓会に参加して仲間とワイワイして、少しだけ好きになれました。
              ああ、地元に帰ったらこんな楽しい仲間たちがいるんだなあ、としみじみ感じたのです。ちょっとした誇りにも感じました。
              こういう小さなところから地域活性化っていうのは始まっていくのかもしれませんね。

              終了後は恒例の交流会。今回も午前1時までワイワイ盛り上がりました。

              第7回に参加していただいたみなさん、本当にありがとうございました!!


              なお、次回のリュミエールは明後日、2月3日(木)21時30分よりスタートです。
              引き続き皆さんのご参加をお待ちしています!!


              というわけで、サッカー日本代表・長友選手がインテルに移籍するという噂が気になって仕方ないしゅんでした!
              PROFILE
              Twitter ブログパーツ
              ENTRY(latest 5)
              ARCHIVES
              CATEGORY
              PR
              MOBILE
              qrcode

              (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.